スタッフブログ

お客様に感謝します。(その2)

足の指が痛い

50歳代、男性 昨年の5月から来院。

腰痛もあるが、下半身全体の痺れ(足先まで)でお困りでした。

また、足先を真っ直ぐにしては立っていられない、少し開いた状態なら、なんとか立てる・・・

そんな症状でした。

(足は親指が浮いていて、足指そのものに力がなくなっていました)

3回目くらいで痺れは改善されました。

今度は、右の足の指の付け根が痛くなってきてと、いうより痛かったのだが、

痺れで痛みが感じられなかったのかと考えます。

その痛み

かなりやっかいで、普段の生活では痛くない、

仕事を始めると痛い(酷いときは仕事中休みながら)ということで、

施術後は「楽」になっているか、そうでないのかが分からない・・・といった状態。

次に来た時に痛みの状態を聞いていました。

8月に入ると痛みに変化が出てきました。

無理をしなければ1週間は耐えられるようになってきました。

足の甲、裏、指の周辺の硬い物、触るとコリコリ、シャリシャリを取って

血行をあげていくことに集中、

今は、仕事中の痛みはなく、普通に仕事が出来ているとのことです。

でも、都合があり、施術の間隔が空くと、痛くなる気配が感じるようだと・・・言っています。

      ここまで半年ほどでしたが、

        気長に頑張って来てくれたことに感謝しています。

 

 

 

 

 

 

お客様に感謝します (その1)

 新年になったと思ったら、もう2月です。

    皆さん、如何お過ごしでしょうか?

    ブログの方もすっかりご無沙汰してしまいました。

一昨年の12月からの患者様(丸1ねん経ちます)

 何度か、このコーナーで紹介させていただいている方です。

初めての時は、杖をついて、脚を引きずりながらの来院でした。

半端ない膝痛でした。

70歳代の女性の方ですが、膝だけではないような・・・

言葉もはっきりしない、

当然行動も遅い、なんとなく

「うつろ」だったような・・・・

これだけの痛みがあれば「膝」だけの疾患ではないようでした。

 当然、全身の血行不良がひどく、腰も、背中も、肩も・・・丸くなってしまってました。

3回くらいの施術で、歩くのが少し早くなってきました。

 言葉もはっきりしてきて,体全体が「楽」になってきたようにです。

膝の方は5~6月くらいになってくると、だいぶ痛みも和らいできましたが、季節がら冷房で冷えると

 痛みが戻ることもありながら、

根気よく治療をやっていくなかで、夏を過ぎた頃から、ほとんど痛みを感じないようになってきました。

 なかなか、改善まで時間が掛かりましたが、

 私自身、ほっとしました

 途中で、治療を投げ出さなかった患者様に感謝しています。

 中、治療を止めようかと思っていた・・・と、最近紹介者の方から聞きましたが・・・・

 

          患者様は私を信じて下さり、

        私も自分を信じてやってきたお蔭かなと思っています。

 

 

 

九伝流の「悪玉流し」で痛みを改善

痛みのあるところには必ず「悪玉」があります。

最近、この「悪玉流し」という手技を使っています。

痛みの改善には、これしかない・・・と考えるようになったからです。

この悪玉を探し出し、流していく、

またこれをやっていくことが、なぜかおもしろいんですね。

「あったあった、これだな~」と一人で思いながら・・・

又は、「これ、痛くない?コリコリしてるのわかりますか?」って患者様に問いかけながら、

「悪玉」を追っかけていきます。

「痛かったけど、もう痛くないです」とか

「脚がポカポカしてきました」とか、会話しながら、患者様に実感してもらいながら、

楽しくやってます。

「悪玉」って?

患者様に「悪玉」って何?・・・聞かれます。

今までこんなこと言ったことないのに、最近よく言うな~と思っているかも。

「脂肪の塊だったり、リンパの塊だったり、で 血行不良が長く続くと、できやすいかな~」と

「また、これが出来ていると、逆に体液の循環をせき止めてしまうから、さらに悪化しますね~」って

軽く説明。

「九伝流」に縁して・・・

なぜか、惹きつけられ、「300日プログラム」セミナーに参加

「手技」だけではない、なんだろう「考え方」「施術家としての思い」「治療に対する考え」

今の自分の気持ち・・表現出来ないくらい、充実してます。

今の自分の思いを、これからの治療に活かしていきたいと考えています。

長く、なりました。

  痛みでお悩みの方、是非とも「悪玉流し」を体験、してみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

足のトラブル 大丈夫ですか?(その1)

 昨日の寒さとは一転、気持ちのいい日になりました。

これからだんだん寒くなってきますが、体は絶対に冷やさないようにして下さいね。

慢性痛の原因は筋肉の緊張であり、血行不良が主な原因だと思います。

最近「足のトラブル」で悩んでいる方が多いようです。

50歳代の男性  右足の指の付け根 特に中指が痛い(今は・・・)

 初め来たときは、下半身ぜ~んぶ痺れてたのでわからなかったようですが・・・

 痺れが取れてきて、足指の痛みに気がついたのでしょうか?

 また、これが厄介でして、施術後すぐは何にも分からない

(痛みが少しは楽なのか、何にも変わらないのか)・・・

 仕事をしてみないと分からない、痛いのは仕事中だけらしく、

 だから、次に来た時に前回の施術で、また痛みが出たのか、出なかったのかを聞いてから判断しているという 状態です。

次は60歳代の女性 前回のブログで紹介させていただいてますが、

 足の甲がひどく出っ張っていて、ズボンの裾が触れても痛い・・・甲の出っ張りの悪玉流しをして

 楽になって帰ったのですが、3週間経ったら又痛くなってきた・・・という事例です。

 診たら、足の甲だけでなく、くるぶしのところにも硬い硬い塊がありました。

 これも、時間をかけて、悪玉流しをやりました。(痛みは解消)

 なんで、こんなところに塊が出来るのでしょうか?

 ふしぎですね、人間の身体って・・・

   2つのケースとも、足の歪み(身体の歪み)が原因なのでしょうか

   それとも血行不良によるものでしょうか。

 

 

 

 

「へバーデン結節」(指が硬くなり曲がっていく)その3

かなり酷い「へバーデン結節」の方が3人います。

前腕、、上腕、それに痛い指の悪玉流しをしています。

来院の間隔が遠いのと、その間に手を使うので、どうしても戻りやすいのでしょうか。

少しずつ、改善はしているようですが・・・

 

巻き肩も原因の一つ

3人とも巻き肩で、肩も腕も内へ内へ向いています。

当然のことにネコ背になってます。

*腕を外に外に捻って、腕の向きを整えていくとき

写真の肩の位置(親指のところ)に硬いコリコリを見つけました。

患者さんが教えてくれます。

*ほんの一点のように思われがちですが、どんどんと出てきました。

「硬いもの」「ぬるっとしたもの」・・・これを「悪玉」と言っています。

「悪玉流し」をやっていると、患者さんが

「そこです、そこです・・・指にジ~ンときます」とか

 「そこです、そこです・・・楽になりますわ~」とか言ってくれるので

  それで、私も目安をつけながら、どんどんやっていきます。

     こんな、患者さんの声ってうれしいですよね

     前回以上に「楽」になったようで、戻りが小さいことを願ってます。

                                 

 

 

 

頭が痛い(頭痛ではなく、触るとヒリヒリと・・・)

頭痛ではなく、触るとヒリヒリ

頭の一部だけが、何だかヒリヒリ、櫛を使うときにも痛いと・・・

いつもの患者様ですが、こんな訴えは初めてです。

でもあるんですね。

1週間前くらいに、飛び入りで来院した方がそのようなことを言ってました。

(あっ・・この間の患者様が言ってたな~とピンときました。)

はじめて方は、疲れが酷く、体が辛かったらしく来院しました。

症状を書いてもらうと、

肩こり、頭痛、冷え性、脚のむくみ、首,不眠などなど~かなり悪いですね。

いろんな話を聞いていくと、

  頭の半分が触ると痛くて、ヒリヒリとした痛さがあったとか。

 医者に行ったら「後頭神経痛」という病名を告げられたと言ってました。

1ヶ月前くらいのことで、うちに来院した時はその痛みはありませんでしたが・・

あの時の患者様と同じだな~と思い、その話をしました。

私が考えるに、要は「血行不良」なんだと思います。

全身の血行を上げて、特に背中、肩、首をしっかり緩めることで、

頭にも血液が流れやすくなるので、「頭皮」の痛みも改善されるはずです。

いつもの患者様についても、施術後は触っても、痛みもヒリヒリ感も取れていました。

     「頭皮の痛み」の訴えは、私にとっては初めてだったのですが

          考えられない症状があるのですね・・・・

 

 

 

脚の甲に、硬くて丸いものが出ていて、痛い

60歳代の女性 

脚の甲にピンポン玉のような「塊」が出来ています。

 *治療後の写真です。
 治療前に撮るのを忘れてしまって、比較ができないのが 残念です。
*少し茶色っぽくなっているあたりが、その場所です。
 以前からありましたが、全く痛くなかったので、余り気 にしていなかったようです。
 

3日ほど前に来院した時に

脚の甲の膨らんだ所が痛い、ズボンの裾が触れただけでも痛い、そして、足の裏も痛くて歩けないと・・・訴えました。

ポコンと硬くて、骨が出ているみたいでした。

反対側の足にはなかったので、骨ではないし、そんなに丸く腫れて硬いので、なんだろうと思いました。

これって何かの塊(かたまり)なのかも?

もしかしてこれが「悪玉」なの?こんなところにまで・・・

とにかく、流してみよう・・・「かたまり」の周辺からゆっくりと、少しずつ、少しずつ・・・

時間の経過とともに、「氷が溶けるように」小さくなっていきました。

目視ではほとんど分からないくらいなりました。

「やった」・・・「かたまり」溶けましたよ。

痛みは取れて、足の裏の痛みもなくなり患者様も、ビックリ

実は反対の足にもあったんです、内くるぶしの甲側に・・・・これも取りました。

 

    塊が取れてみると、脚からの血行がスムーズに流れるためか、

     腰、背中、肩も緩み、脚が軽く、大変暖かくなり、

     体も楽になりました。

     私も患者様以上にうれしかったです。

 

 

股関節?鼠径部が引っ張らて痛い

私の症状です。

この年齢まで、お陰様で痛い所もなくきてますが・・・

1年くらい前から、少しずつだけど、鼠径部が引っ張られるような、違和感がありました。

これは、運動不足かな?(体操教室、ダンス教室などそれなりにやっているに・・・)

 でも、ウオーキング、30分くらいやって来ると違和感なくなるし・・・

 太ももの前からお腹にかけてを、伸ばす体操をすると・・・痛みなし、違和感なしになる。

やっぱり、体操などは、伸ばすべき箇所が違うのでしょうか。

でもでも少しずつ、少しずつ、引っ張れ感が強くなる

開脚もやったり、体の前を伸ばしたり・・・した後はいいが、時間がたつとまた引っ張れる。

ついに、立って靴下を履くのに、引っ張れて痛い状態にまでになってしまいました。(左の方だけ)

歩いたり、階段など、は全く以上はありませんが・・・これが進むと生活に支障が出るようになるんですね。

自分の体験から、痛くなるまでの過程が分かってきました。(いい経験です)

自分で痛みの原因を見つけていこう

痛い箇所を改めてチエックしてみる。

鼠径部を触診しながら、硬くてコリコリしたものを探り、時間をかけて流していく。

股関節を動かし、痛みの具合を確かめる・・・ずいぶんと「楽」

まだ痛みが残っている箇所を探し、硬いものを流す。

これの繰り返しで、今はほとんど痛くない。

      違和感が出て、酷くなる前なら、こんなに簡単に改善できるのに

        考えている間に時間が過ぎて、痛みも酷くなるのですね。

                      自分で治せて良かったです~

 

 

 

へバーデン結節 その2

少しずつ、改善しています。

6月2日の投稿で「へバーデン結節」の紹介をしましたね。

その方の経過報告です。

60歳代の女性なのですが、次に来ると、また硬くなっているので、来る度に少しずつやっています。

他の箇所も辛いので、そこだけに時間をかけられないからなのです。

毎回少しずつやっているだけだけど、症状が軽くなっているようです。

まずは指の突っ張りが取れている。

曲がった指が少しだけどピンとなってきたりとか、

手首に太いスジが出ていたのが、薄くなってきている。

期間的にも3か月ほどたつので、患者さんはずいぶん喜んでいますね。「手が噓のように軽くなって、指も動かしやすい」と・・・

指の曲がった方、けっこういるんですね~

40代女性 この方もそうです。

きっかけは首が痛くて来院したのですが、

「肩も酷く凝る」と言ったので・・・

「肩こり」が酷ければ首にも影響しますから、単独「首」が・・・ということはあまりないかと・・・

それで、腕をみせてもらったら、「前腕」がパシパシ。

指もつって、曲がりにくい、パシパシはかなりきついが、指はそれほど曲がってはいません。

今は、この症状を中心にやっていますが、

毎日、100枚以上の伝票をパソコン入力するらしく、緩む間がない・・・と言ったところでしょうか。

そのような患者さんなんですが、指の動きはかなり「楽」になっているようです。

 

「へバーデン結節」に関する自前のポスターを貼ってます。

これを見て、「私も曲がってる」とか「知り合いにいるよ~」とか、

けっこう多いようです。

「これって、老化現象ではないの?」と言う人もいます。

お医者さんでは、老化現象と言っているようですが、そうとも限らないようです・・・

 原因が分かれば、治療はできるので、

     少しずつでも改善はしていきます。

 

 

 

ウオーキングのすすめ

暑い日の連続です、皆様いかがお過ごしでしょうか?

     このブログも大変ご無沙汰してしまいました

 

腰が重かったり、股関節(鼠径部)あたりが引っ張られる

早朝のウオーキング、しばらくお休みをしていました。

朝早く起きるのがきつくなっていたので、午前中の時間のある時に歩いていましたが、でも何故か、今年は異常に暑いのに、朝起きが辛くなく、体も元気なんです。

自分なりに体操をやったり、ストレッチで伸ばしたりしてますが、腰が重いと感じる日もあります。また、最近では鼠径部も引っ張られて、違和感もありますが・・・

たった30分のウオーキングで解消してしまいます。日頃、いかに体を動かしていないかを知らされてしまいますね。

患者様にもすすめています。

腰痛の患者様などは、

当初からみれば、ずいぶん「楽」になっているのですが、

毎回、「まだここが・・・とか、こうすると違和感が・・・」とか言うので、

簡単な体操とストレッチ、それに5分~10分でもウオーキングをすることをアドバイスさせてもらっています。

やはり、自分なりにやると、それなりに結果が見えてくるようです。

ただ、無理はしない、気が乗らなかったらやめる・・・

でないと続かないので・・・

やはり、細く長く、少しずつ続けて貰いたいから、

    私も、今日までその主義でやってきたので続いたのでしょうか?