スタッフブログ

あい愛まつりが開催されました。

6月23日 「あい愛まつり」が開催されました。

*幸い天候にも恵まれていい一日でした。

*2週間も経ってしまいましたが、取り合えず報告します。

 

今年は13人の方が体験。

「今年も待ってたんやって」と・・狙って来る人もいます。

始めた当初は、仲間の先生に応援してもらって20~30人はやっていたと思います。

全体の時間が短縮されたことと、催しが一部変更になって来場者も少なくなったこと、同じスペースに他のグループが体験をやりだしたことなどで、少なくなったのでしょう。(長年のマンネリ化もあるのかも)

今は、私一人なので、こんなものでしょうか。

同じ部屋での、他のブースの様子

看板等が見えてなくて、分からないですね。

まだ、準備中の写真です。

*向こうは、医師会のグループで眼科の検診をやっていました。

*手前は点訳グループでパソコンから「点字の栞」を印字する体験でした。

 

      今回も「あい愛まつり」に寄付ができて良かったです

体がだるい・眠い・・・

 今日は、晴れのような、曇りのような、かなり蒸し暑いです。

「梅雨だる」って

先日朝の、健康番組で「梅雨だる」のことについて放送されていましたね。

この時期、いわゆる梅雨の時期に、だるさ、ねむけが起こるのはどうしてなのか・・・という内容でした。

まずは気温差です。

春先にもこのような症状が起きるし、

近年、この気温差が激し過ぎると感じているのに方も多いと思います。

患者さんの中にも、「とにかくだるいくて、だるくて」と言う方もいて、

最近、気温差大きいから、体、持ちにくいねって話しています。

素人的に言えば、毎日の気温差、1日の内での気温差に、体がついていけなくなって

悲鳴を上げているということでしょう。

気圧差も関係していると・・・・

番組では気圧差も関係しているということでしたが、自分で解決出来ることではないのでどうすることも出来ません。

気温差、気圧差、どちらも自律神経のバランスを崩すので、さまざまな症状が出るようです。

解決策は規則正しい生活らしいのですが・・・

「規則正しい生活をする」ことで自律神経が整うと言ってました。

たとえば

朝食は抜かないで、きちんと食べること。

睡眠(スマホとパソコンはNG)

食事(バランス良く) などなど。

基本的にはこれらが一番の解決策なのでしょうが。

これらの解決策より自分に合うことを見つけて

人それぞれ生活パターンが違うので、自分に合うことを見つけて、自己管理していくことが必要なのかと思いますが・・・

でも、これがなかなか出来ない、分かっていても出来ないものなんです。

           テレビをみた感想でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下腹が引っ張られるような痛み

60歳代の女性 福井市の方から来院

2年位前から来院しています。

腰から下が張ってとか、肩もパンパンで辛い、

「なんとか、仕事している」って感じ・・・っていうことで、ずっと来院してます。

来てしばらくたったころか、

「下腹が引っ張られるようで、気持ち悪い、お腹の中の方だけど、なんだろう」

って

言い出して、私もなんだろうねって、ずっと言っていました。

来る度に「気になる」「気になる」というのです。

何か月か経って、お医者さんに行って検査したけど、なんともなかったのだが・・・・

 この症状は、相変わらず残っていて、ずっと気にしていました。

血行も良くないし、お腹もパンパンで硬いので

お腹から緩めていくと、腰、背中が楽になるので、お腹の施術をやっていきました。

 患者様の「下腹の痛み」のことは、余り考えてはいなくて・・・

でもお腹の施術を数回やったころ、

 「気になっていた下腹だけど、あまり違和感ないし、引っ張られるのが気にならなくなった」

 と言い出して・・・・・?

お腹の施術の効果なのか?

お腹の施術で、血行も良くなり緩んだこと、体の捻じれも少し改善したからか・・・と

 考えています。

      良かったね、改善して

へバーデン結節

60歳代女性の「へバーデン結節」

*月1度~2度の来店

いつも、「詰まってキュウっとなる」とか「何からしたらいいのか」・・・愚痴って楽になるタイプの方のようです

*手の色、足の色が異常に黄色いのが・・・とても気になっていました。

来て早々、話をしながら「手」を見せてもらったら、「へバーデン結節」だと言いまして。

確かに指の関節が硬くなって、節が出て指が曲がってしまっています。(写真 本人さんです)

前腕(肘から下)を緩めてみました。

前腕がパンパンで、ちょっと触ってもかなり痛いようでした。

 いつも来ているのに、手のことは全く知りませんでした。

 どこを触っても痛いようなのですが、硬い箇所を探して少しずつ、少しずつ流していきました。

 指にビビット感じるものがあると・・・

半端ない硬さなので、ゆっくり、少しずつ・・・・やっていると

  「きます、きます、特に人差し指に流れるようなものを感じる」と言い出しまして・・・

  

   手の色もきれいになって、指の硬さも取れてとても楽になったようです 

 

 

血管年齢がすごい、ビックリ!

 やっと、気温の方も落ち着いてきたようで、暖かくなってきました。

  ややもすれば、暑いかも・・・・

89歳の女性の患者様、血管年齢が、な、なんと58歳

7年間、来ています。

どこも痛くなく、姿勢も良い、とても前向きな方です。

週2回、定期的に施術をしています。

昨日会った時、嬉しそうに話してくれました。

ショッピングセンターのセンターコートで、「血管年齢」と「骨密度」の検査のサービスがあり

買い物のついでに、診てもらったらしく・・・・・

本人はもちろん、検査に携わった人もビックリ。

一緒に行った、娘さんのほうの数値が悪かったようです。

施術しているお陰で、この結果が・・・

「施術をすると、身体がとても楽になるので長く続けていただけでのこと。

  血流が良くなるって、すごいことだね。

  死ぬまで来るから、頼みますね」と・・・・いわれました

 

「骨密度」の結果表も見せてもらったが、これも驚きの数値でした。

  血行が良くなれば、食した栄養も、しっかり体に回るから、骨も元気になったのでしょう。

 

     患者様の施術をしている私でも、これだけの数値が出るかは自信がありません。

 

ウォーキングで痛みが楽に

長い休みもやっと終わり、日常に戻りました。

 休みの疲れを取るのが大変でした。

 ウォーキングで違和感が解消しました

休み最後の日に、寝転んで脚を組んだら、左の股関節が伸びなくて痛かったので、

「アレッ・・・」と思い、

座ってあぐらをかいてみたが、膝はしっかり床につくので、これは大丈夫です。

何となく、鼠径部が引っ張られるのが気になります。

これは、運動不足だな・・・と思いきや、ウォーキングに出かけました。

脚を前に出す時、後ろの脚の鼠径部が伸びるのが、

「痛気持ちいい」・・・これですね。

ストレッチもいいけど、歩くことも大切な運動だと言うことでしょうか。

3年くらい前は、朝5時半位から30分程度歩いていたのですが、

最近は春になっても、いつまでも寒く、とても歩けません。

特に、年寄りになってくるとね・・・・

    朝は少し寒いけど、2日間、歩けたので、鼠径部の違和感も取れて、

                    体もとても楽で気持ちがいいです。

 

 

 

 

 

 

足指運動で痛みを克服しましょう

患者さんとの会話(50歳代の女性)

最近、来院されました。

膝痛が酷い、お尻から脚にかけての痛みもあり、背中も肩も、首はストレートネック・・・・

 どこが痛いとか、凝っているとかいうレベルではなく

 全身、血行不良に陥っていて、代謝が悪いので太ってしまうのでしょうね。

ご自身でも、食事にも気をつかって太らないようにしているようですが・・・

体重の問題もあるし、仕事も介護職ということもあり、かなりの負担になっているようです。

 

足の指でかきかきして前にすすめる?

施術後、

足の指でかきかきして前に進めるか?

 やってみてもらったら、

 指は動くけど、前には進めない状態でした。

指が動くだけでも、まだましですが、非常に危険水域です。

本人さんは、体重があるから重くて進まないのかと、思っていたようで すが、体重とは関係ありません。

足の指に力を付けて痛みを克服しましょう

以前にも、同じ内容で投稿したように思いますが・・・

40歳代の女性がやはり同じ「膝痛」で来られました。

その方も太っていて、かなり膝への負担が大きくて、足指が全然、動かなかったので、

 「足指運動」を進めたら、家でやってたようで、改善も割と早かったように記憶しています。

「痛み」だけを考えたらその時だけでも、かなり楽になりますが、

    根本からの改善を同時進行していかないと、改善も遅いし、

    また同じことの繰り返しになってしまいます。

    足指に力がつけば、足底も安定し、足底にアーチができてきます。

    そうすると体のバランスも良くなり、痛みも楽になり

    安定して歩くことができるようになるのです。

 

 

ふくらはぎ・腰・背中が緩んでいました。

今日は天気もよく、暖かくなるようです。

昨日の午後は出張施術でした。( 福井市まで 70歳代のご夫婦)

奥様のことです。

今は肩の痛みで困っています。

でも、身体全体を診てみると、全身どこもかしこも硬くて血行不良に陥っている状態です。

もう、何年も出張させてもらっていますが、

施術を受けているので、ここまでもっているのかと思います。

月1回~2回程度 行っています。

やはり、家でのケアーが一番大事かと・・・・

今日はなぜか緩んでいました。

前回に行ったのが3月19日でしたから、約1カ月、空いたことになります。

初めに全身診た時、えっ・・・ふくらはぎ柔らかい~、腰も~、肩も~と驚きでした

「どうしたの~緩んでるよ~」思わず言いました。

「最近、暖かくなってきたので、歩いているの」と・・・・

「歩かないと、だんだん歩けなくなるよ」と娘さんが無理やり連れだしてくれているみたいです。

誰でも、一人では歩けないが、一緒に歩く人がいると、歩けるみたいですね。

良かったです~続くといいですが・・・

少し歩くだけで、血行が良くなり、健康になれます。

 運動不足の状態が長く続くと、

 血行不良になって、体も硬くなり、重くなり、慢性痛に陥るようになります。

  この方の場合は、特に日常が非常に硬いので、少しの運動で血行が良くなったようです。

 

 

 

 

運動は絶対にした方がいいと思いますよ~

 今朝もさむかったですね。

    朝起きた時、リビングの気温は10℃でした。

患者さんとの話

施術後、時間があったのでしばらく話をしました。

「血行不良」のことの話題だったのですが、

うちに来る前から、「耳鳴り」が酷くて、お医者さんに行っても原因は分からないらしいのです・・・

もともとは体調も悪く、頭痛や肩こりもあって、今はそちらは改善しています。

「耳鳴り」も血行不良?

「耳鳴り」の話になり

別の患者さん、この方も「耳鳴り」が酷いのですが、

 ある体操の指導者の資格を取る時、毎日、毎日、家で実技の練習をやっていたら、

 その時だけ、「耳鳴り」が収まっていたらしい・・・

 だから、運動不足が原因で「耳鳴り」になったのかな・・・と言っていたことを思い出し。

 こんなこともあるからね・・・と今日の患者さんに話しました。

全身の血行を良くするにはどうすればいい?

それは、運動(体を動かす)しかないのでは?

 と、答えました。

 器具もいろいろあって

 *テレビみながらでも出来る・・・とか

 *1日5分でいい・・・とか

 言うけど、家で一人では・・・出来ないと私は思います。

 私自身もその自信はありませんから。

何をしても続けなくては意味はありません。

私は「3B体操教室」に15年間

 「社交ダンス教室」に8年間 

  自分の体の衰えを遅らせる為に、特に脚、腰の元気の為に続けています。

 

 

太ったから、やせなくては・・・・・

60歳代 女性の患者様 いつもの方です。

今は、肩こりが酷くて、月2回程度の割合で来院してます。

もともとは、身体そのものが不調で、かなり悪くて、来院するようになったと記憶しています。

血行不良がひどく、若い時に大腸がんの手術をしたらしく、特に健康には気を使っているようです。

食事は減らさないで・・・

「太ったから、やせないとあかんと思う」と言うので

何も太ってないのに、なぜかと言うと、仕事辞めてから太ったらしく気にしてましたが・・・

食事だけは減らしたらダメですよ・・・と言いました。

 今でもかなり筋肉も落ちているのに、食事を減らして体重を落としたら、

 ますます筋肉が落ちて血行が悪くなり

 悪循環です。

しっかり食べて運動をすることがベスト。

若くないので、肉類もしっかり食べることが大事です。

そして、これから暖かくなると外にも出やすくなるので、ウオーキングでもしたら・・・

  とアドバイスしました。

 

       何もしないで、家にだけいたら、どんどん体は退化していくばかり、

            意識しながら、体を動かしましょう。