スタッフブログ

「ストレッチ」でヒット・・・来院

久しぶりにスッキリと晴れましたが、寒いですね~

 今日、初めての患者様 50歳代の女性の方です

ネット予約で来院されました。

「ストレッチ」で検索をしたら、ここ(ゆめたけ)がヒットしたから・・・ということでした。

  メニューの中に「筋膜リリースストレッチ」はあるので、ここでヒットしたのですね。

 

全身が硬く、膝痛、腰痛、肩こりの症状がある

体は大きく太っていて、どこを触ってもパンパン、

膝痛も半端ないほど、腰も硬いので、これはお腹から。

肩も硬いが、背中が硬い。

首はストレートネックで肩前に出ている。

太ももの筋肉は落ちていて、脚に力がない。

「ストレッチして伸ばさないと・・・」と他の人に言われたらしく・・・

自分では出来ないので、何とかしたいという思いで来院したようです。

初めてなので全身を診ました

いちばん困っているのは、「膝痛」なので、とりあえず「膝」の痛みを楽にしていくことにしました。

「膝」は体重と筋肉の衰えで悲鳴を上げているのでしょうが、

慢性痛はほとんどの場合、血行不良が原因になので、

 今後は筋膜リリースストレッチを入れて、血行を良くしながら

 各部位を診ていくようにしました。

    患者様にも説明、納得して帰られました。

  施術後  

       左の膝は痛くない、右の後ろがまだ痛い

      首は真っ直ぐに近い状態に

      肩も楽

      とても眠たい(急に血行が良くなり、体が緩んだ為)

 

 

 

 

 

お尻の上の方が痛い・足の裏が痛いなど・・・

午前中は晴れて、外も割と暖かく気持ちのいい日でした。

お尻の上あたり、今回は左側も痛い

まあ~いろいろな訴えがあります、不思議とね。

私からすると、「なんで~次から次と」と思うんですが、痛いものはしかたないです。

いつもの方なのに・・・

お尻の上ってどこなの、ということで指で示してもらいました。

ここのコツンと出た骨のところです。なんでこんなところが痛いんですかね?・・・と

触ってみると痛いようですが・・・酷くはないようです。

仙骨の表面がコリコリして痛い、こするんですが、これけっこう痛いと思います。

  ここのコリコリ悪玉を流し込ん取っていきました。

訴えの所の痛みは取れて、腰も楽になったというととでした。

足の裏が痛い

別の患者様

いつもは膝痛で来院しているのですが、今日は「足の裏も痛い」と・・・

当然、足が硬くなっているのですが、

足首がうまく回転しないので調整して、

 足指をひとつひとつしっかり動かし、足甲をの伸ばす、足裏もしっかり伸ばす。

 足裏の関節も動かす。

これで、足裏の痛みは取れます。

足は大事な箇所だけど、忘れてしまって手をかけないところでもあります。

  足指を回す

  手の指と足の指で握手、しっかり握る(けっこう痛い)

  足の裏、甲を自分なりにもみもみする。

  足首も回す(硬くて回しにくいなら、方法はありますから言って下さい)

     どこが痛くても、辛いです。

            どんなことでも、お気軽にご相談ください。

 

「目まい」が続くので不安

50歳代の女性 坂井町にお住まいの患者様

8年位前から来院、当初は本当に酷い身体でした。

仕事の無理から、肩こりが半端なく、頭痛も相当酷かったように記憶しています。

  ここ何年かは、気になる症状は改善していますが、

  以前の体に戻りたくない、考えると怖いと・・・いうことでケアーは続けています。

昨年の9月ごろから「目まい」をするようになりました。

初めはかなり酷かったので、病院で検査をして来たようですが、

  特に異常はないということで・・・対処方法がない状態。

施術の後、ベッドから起き上がる時にも、一瞬「目まい」がありました。

原因がわからない中で、私もいろいろ施してはみましたが・・・

一度にハイスッキリとはいきません。

最近は、あらっと、思う時などに、酷くないけど小さい「目まい」が残っているといった感じらしいです。

側頭部にしこり(ゴトゴトしている感じで触ると痛い)

先日、ある手技を学ぶために東京であったセミナーに参加、

終了後、開発者の先生に「目まい」のことを聞いてみると、

側頭部のコリコリ(先生は悪玉と言っていました)を

 流してやらないとダメって言われました。

 頭痛もここだよ・・と

さっそく、実践

この、コリコリをそ~っと、やさしく、流していく。

  でも、けっこう、痛いようです。

  やっているうちにだんだん痛くなくなって、コリコリも取れてきます。

どの部分でも、頭の施術は、終われば全身緩むので、爽快です。

施術が終わって、ベッドから起き上がる時も、「目まい」は起きなかったので、

 良かったです。

     次回まで、様子をみてもらうことにしました。

            何とか、施術の効果が出てくれることを願っています。

 

 

 

腕が前の方から挙げられない

昨日は寒かったですね。気温も低いしまだまだ冬のコートは必要ですね

  ここで気を抜いて、薄着をすると、体はやられますよ。

朝、10時の患者様、60歳代 女性 三国町在住、

いつもの方なんですが、今日は、腕が前方から挙げられない(前方挙上ができない)

  途中まではいくが、それ以上は無理。

横からの挙上は痛くはないが、少しひっかかる状態。

以前にもそれらしきこと言っていたようですが、

その症状がまた出てきたのでしょうか。

肘が真っ直ぐに伸びていない

これは、肩に原因があるようですが、肩ではありません。

肘が伸びてないので、肘の矯正をやってみましたが、やはり肘の曲がる方が天井方向に向かないので、

ここに原因があるのかも、と思いました。(反対側の肘は動いて天井を向きます)

肘が曲がるところに硬くて痛い箇所があるので、そこを押さえて腕を前から挙げてもらうと、痛みなくスーット

挙がったので、原因はここのようです。

肘がスーッと伸び、腕も痛みなく挙がりました。

痛いところに原因はありませんでした。

慢性痛の場合だいたい、痛いところに原因はありません。

        帰りに、コートを着る時、「あら、痛くない」と言ってました。

                                良かったです~

 

 

 

 

 

 

膝が痛い(伸びていない)

 朝から雨 何となく肌寒い

朝いちばん、9時からの患者様、50歳代女性、あわら市在住、

だいたい、月1~2回のペースで来院されてます。

2月の予約がキャンセルになり、1か月以上空いて、今日来院。

どうしたのかと思っていましたが、

実はアメリカの西海岸に、研修を兼ねた旅行に行っていたらしく、来れなかったということで・・・

  しっかり楽しんでは来たのですが、帰ってきたら、膝が痛くなったということです

 

もともとあった膝痛なのですが・・・・(写真はイメージ)

全身チェックをして診ると、膝は痛いのでしょうが、

身体そのものが重いし、背骨も硬くなっていて弾力を失っています。

当然、ふくらはぎは硬く、腰回りも、肩、首も硬いです。

まず、背骨を調整して、血行を上げ、全身を緩めます。

これだけでも、かなり楽になるはずです。

 

それから膝の方を診ていきます(左の方の内側が痛い)

内側が痛いから、内転筋(膝から上の内股~鼠径部にかけて)を触診すると、かなり痛い様子。

  そこをしっかり緩めれば、痛みは取れます。

その後は、股関節周辺、内転筋(内股)、脚の後ろに、筋膜リリースストレッチをして、

しっかり伸ばします。

全身軽くなり、膝の痛みも取れてお帰りになりました。

筋力をつけることは必要、でも伸ばすことも忘れてはならないのです。

体の側面、体の背面、そして前面、

 脚の内側(内股)、

 腕の前の方(肘の内側、すなわち手のひら側で最近は手のひらが伸びてない人多い)

    体を伸ばしましょう、気持ちいいですよ~

         体操のストレッチでは、充分ではありません。

                      ぜひ、お試し下さい。

 

花粉症に悩まされて・・・・

 午前中はわりと暖かかったですが、昼過ぎからの雨で少し寒くなってきました。

朝一番の患者様、60歳代、三国町在住、

来院時、何か箱みたいな物をもって来たので、何かなと思っていました。

テッシュケースでした。

花粉症が酷くて、テッシュが離せないとのこと。

うつぶせの姿勢になると、「ハナ」が出ると困るからと持って来たようです。

テッシュはこちらにもありますが・・・たくさん使うと悪いと思ったのでしょうか。

ゆめたけに来る患者様は皆さん「花粉症」で困っているようです。

私、言います。

花粉症でない人を探すほうが、大変かも・・・・と

そんな時、たまたま韓国ドラマを見ていて、

漢方医のお医者さんが、鼻炎の患者さんに「人間は自然と調和して生きなければならない」と言っていて、

どういう意味かな~と考えているうちに、ドラマの話は進んでしまったのですが、

その、言葉はず~っと気にかかっています。

現代では、花粉が悪者になってというより、完全に花粉が悪者にされています。

花粉は何も悪くないと思います。

 花粉症の方は、自分の体のほうが悪くなっているのだ・・・と思わなければいけないのでは?

 体力、自己免疫力、自然治癒力、同じなんですが、これらが低下していると思います。

原因は人それぞれ、

花粉症に勝つ免疫力、インフルエンザに打ち勝つ免疫力、またガンに打ち勝つ免疫力、

免疫力にも、それぞれレベルはありますが、単に免疫力、を上げましょうと言っても難しいですね。

私は大丈夫です。

異常なくらい、体へのケアーは怠りませんから。

  花粉症でお困りの方、

    辛い時期に「花粉」は悪くないなどと申しまして、すいませんでした

                       いつでもご相談下さいませ。

 

 

 

 

いつも元気な方・両肩が痛い方・脚が痛い方・なぜかいつも不調な方

 曇りと弱い雨で寒いような暖かいような・・・だるくなりそうな天気

    こんな日は、体調悪くなりそうですね。

午前9時からの患者様

間もなく90歳になろうかという患者様(三国町在住、近くの方です)

なのですが、実は元気いっぱい、どこも痛いところはありません。

私の体験施術を受けたことがきっかけで、月2回、隔週で来店してます。(6~7年は来てます)

施術を受けて、余りにも体が「楽」になったことで、

生きているなら、毎日元気で過ごしたいという思いで、施術を受けています。

  背筋もピンとしていて、動きも軽い、そしてなにより考え方がいつも前向き、

  だから元気なんですね。

大好きな人です。

10時からの患者様

今日は両肩が痛い(痛いよりうずく)

性格はいろいろですね。

毎回、主訴はちがいます。

72歳なんですが、背中もひどく丸くなっていて、年なんですね・・・とか言って

必ず、痛いところに理由ずけをします。

痛いから動かない、家にいるだけ、本を読んでるだけ・・・だとか。

  少し歩くといいのですが・・・・

11時からの患者様

脚が痛い(痛み止めを飲もうかと思った)

60歳代女性、あわら市にお住まい。

この方はとても、頑張っています。(本当に頭が下がる思いです。偉いな~)

認知症の自分のお母さんをみていますが、家が離れているので毎日通っている為、心身共に疲れ果てています。

  痛いところもあるが、心身の疲れを取るために来ていますが、

なぜか今日は、脚が痛い(膝の内側)・・・しばらくは良かったのに、動き過ぎで痛みが再発したようです。

「痛み取れた・・良かった」と帰りましたが、また戻るかもわかりません。

12時からの患者様

いつも全身が硬く、肩が~、腰です~、とかいつも不調

40歳代、いつもお昼休みに来院してます。

通勤がきつい(職場がかなり家と遠い)

体がいつも冷えた状態で、腰、背中、肩が辛い状態。

通勤距離がかなり長い為の疲れと、仕事での疲れ、そしてそのストレスが原因なのでしょうか。

  しっかり緩めてあげると、元気になって帰ります。

     お昼の1時過ぎ、は~い終わりました。

       お腹がすいたのでご飯を食べ、ゆっくりお昼休みしましょうか

 

 

 

 

自分自身の体の管理は・・・

何よりも大事な自分の体の管理

患者様から聞かれることがあります。

*いつも元気そうですね。痛いところはないのですか?

*風邪は大丈夫ですか。(インフルエンザの多い時期などに聞かれます)

*疲れませんか?

*先生も施術しないと持たないのではないですか?

私も年齢的にはもう「おばちゃん」を過ぎて「おばあちゃん」になっていますから、

年齢は内緒にしておきましょう。

痛いところはありません

 自分でストレッチをやるんですが、ただやればいいものではありません。

 体はどの部分でも大切ですが、急所みたいな箇所があって、どうしてもここだけは譲れないみたいに・・・

   「絶対に伸びていなくてはダメな箇所・・・ここを意識して伸ばす」ようにしています。

         もう一つは「捻じる動き」で「捻じれ」ではありません。

 

 

脚の後ろ側、内股、腕の内側、体の側面・・・ここが縮んでいてはだめです。

体の前面の伸びも大切です・・・写真(右)前面に伸びがないと、この体操はできませんし、

肋骨が下がっている可能性が大です。

それらを念頭においてこれらの体操をするのですが、

怠け虫が出てきて、やるのがいやなんですよ。

皆さんと同じです。

ズルをして何日も空けると、確実に硬くなっていて、何度もやり直しが必要です。

これができなくなった時、何処かに痛みが出るかと思っています。

お陰様で風邪もひきません(インフルエンザの予防接種もしません)

 一度もかかったことがないので、予防接種をしようかとも思いません。

疲れますよ、年ですから・・・

 早めに寝るのですが、脳が休まらないと疲れは取れないので、そちらの方のドリンクを飲んで休みます。

勉強会に施術はお互いやりますが、頻繁にはないので、やはり自分でやる、

  ストレッチと週1回の体操教室が欠かせないです。

 

「疲れ」を取ることの大切さ、寝ても取れない疲れ

今日は曇りと弱い雨、暖かいような、寒いような・・・・日です。

40歳代男性 三国町在住  昨日、最後の患者様 夜の7時からのご予約 

2年ほど前からの患者様。

奥様の同僚の方からの紹介で来られました。

お仕事帰りなので、いつもこの時間のご予約です。

「腰痛」と「頭痛」がありました。

  「腰痛」は長時間同じ姿勢でいると辛くなる。(初診の時で2年くらい前からの症状)

  「頭痛」は2週間に1度くらい市販薬で対応(かなり痛いとき)(初診の時で7~8年前くらいからの症状)

腰もだんだんと楽に、頭痛は施術2回目くらいで取れてきた。

訴えの症状は、少しずつ改善していきました。

でも、毎回きちんと来院されています。

症状もきつくはないので、3週間に1度のペースなのですが、

  来院されたときは、疲れが半端なく溜まっている・・・・と感じます。

  治療を始めてしばらくすると、もう眠ってしまっていますから。

「疲れ」をとることの大切さ

通勤の疲れ、仕事での疲れ、などなど・・・ストレス

  痛い箇所はないが、全身パンパンの状態(疲れが究極に達しているのがわかります)

体が硬くなると、血行も悪くなります。

そのままにしておくと、痛みになるだけでなく内臓にも悪い影響を与えるように・・・・

終わって「楽になった」と言ったとき、顔の表情も何となく穏やかに感じます。

 ほっとするのでしょうね

     体が緩むだけでなく自律神経が緩むから

         「心身ともに」楽になったというのであって

           「寝れば取れる疲れ」の時代は終わったかと・・・

 

 

「目まい」と「抜けるようなだるさ」

 今日も晴れ、窓に差し込む日は暖かくて気持ちいいですが・・

  外はまだ寒いし風も冷たいですね。

そんな気候、天気も身体にはどうでしょうか?

最近、患者様の体調が・・・いつもよりすぐれない方が多い気がします。

*最近、目まいがあって、抜けるようなだるさがあり辛い。

*突然腰が痛くて・・・予約日まで待てずに来院したり

*いつもより、肩こりが酷くなったなどなど。

いつも、ケアーしている患者様ですが・・・なぜかこの時期体調不良に

異常な気候、気温(寒暖差など)が激しいことで、体が夏バテのようになって、

「異常な疲れ」のような症状が出るとも・・・

 

2016年2月のこのブログでも紹介しています。

偶然、テレビの番組でこのような状態、症状について取り上げられていて

早速、ブログに書かせていただいたのですが・・・

昨年は雪が多くて、今回のようなことが少なかったからか、あまり気にならなかったのかと思いますが・・・

今年はこの時期、体調不良の患者様が多くて、2年前を思い出し、

投稿しました。

自律神経の乱れかと・・・

番組に出ていたお医者様のお話によると

*体は外が寒くなれば、体温を上げようとエネルギーを使い、そとが暖かくなると、体温を下げようと、

 エネルギーを使う。

当然、エネルギーの過剰消費となり、続くと、自律神経が乱れるとも・・・(自分で自分のを調整できなくなる)

だから、いろいろな症状として現れると・・・説明してました。

*気候、気温だけだなく、現代社会は、日々ストレスにさらされ、

交感神経が優位になりやすい生活を送っています。

この時代だからこそ、体調管理しにくいこの時期だからこそ、(自分では出来ない体調管理)

  身体の調整(背骨の調整やお腹の調整)で副交感神経を高め、

         気持ちのリラックスを図ることで

         免疫力アップにつながり、質の良い睡眠がとれ、

         不調からの脱出になろうかと思います。